読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

忘れろ/ボレロ - C/Ompany @DDD AOYAMA CROSS THEATRE

忘れろ/BO.LE.RO - http://peatix.com/event/182393

 

 プレビューと12日の17時公演観てきました。

ちゃんとした長文書ける気がしないし、メモのために思ったことつらつらします。

適当に。感想。

 

プレビューは本当にプレビュー過ぎたと楽公演観て思った。

 

一部は基本的に変わってないけど、プレビューよりはまだ分かりやすかったというか、馴染んだというか。

プレビューは大植さんと辻本さんコンビをみていて、大植さんと未來くんコンビにしかみえなかった。超絶既視感。

一部は曲を使わずボレロ。目的を持って進む。……なんで?なぜボレロという言葉からの目的を持って進むという思考になったのだろう。ボレロの目的って何?どこに進んでたのでしょうか。

まずそのボレロは、2つのフレーズを繰り返すのみの曲という意味のボレロを基にしているのか、ボレロそのものいわゆる楽譜をを基にしているのか、どちらなのでしょう?

ボレロの18フレーズということで、18のフレーズ振りがあるのか?と考えたけど、それにしてはそれぞれのフレーズの途切れ具合が悪いし、ちゃんと数えられなかった、なぁ。

 

二部。プレビューでは只々困惑。

どこに流れるの?どこに向かうの?ゴールはどこ?え?結局、すっごい壮大に終わったけど、全然頭整理できてないし理解できてないぞ???という感じ。

楽は、二度目だったしわかった。

なーるほーどな。

ボレロの楽譜の旅、物語の旅、世の中の世代の旅。懐広い、ぼれろ!

師匠に捧ぐ作品。

滑った後に笑いが起こる感じがまさに師匠ぽさが垣間見えた。と同時に顔ダンスって強いね、なんて思った(笑)

…平原さんって結構早口さんよね。

 

三部。

柳本さん、始動。談ス。

書くこと無いな。談ス。(笑)

柳本さんに心奪われたな〜。

ソロとか見にいきたいな〜。

あの安定感、支え、凄いね〜。

 

すごく変わってたな〜。

わかりやすくなってたな〜。

全然わからないけど〜。(笑)

 

うーん、わたしは、芸術であって欲しいのですよね。アートであって欲しいのですよね。

技の凄さとかは全く求めてないのですよね。

色々なことを表現するためには強靭な身体が必要だけれど、得点つけるような技、プロレスとかそうなのかな?そういうの求めてないなぁと。

 

今回の、観客層はどこらへんが多いのかしら。初めて来た会場ということもあって、ずっとそわそわしてたのよね。落ち着かない。観てる最中、二回とも居づらかった。

すごいことして、ワァーっていう拍手

痛いことになって、アアーってしょげ声。

なんだこれは(真顔)。って正直なった。

ここはそういう場所?ライブハウス?私が少数派?と冷静になってしまい、一歩退いて観劇。四者四様よね!(漢字不安)

 

合わないとしたら、

観なければ、言わなければ、いい話なので、全ては独り言。一人メモ。

 

ボレロ、終了。