eternal theater / 平原慎太郎 @えんとつシアター

この記事の内容は、私が運営している別サイトにも投稿されています。
2015.04.12に鑑賞し、次の日(13日)に感想を書いたものです。


内容という名の感想は続きにて。






平原慎太郎さん「eternal theater」@ えんとつシアター

金土日。私は、土昼夜・日を観てきました。


土曜昼に観た感想が
三角関係、精神世界、ナカの働き、三角関係。
土曜夜
三角関係物語
日曜
三角関係。なんだけど、深くなってついてゆけなくなった。

ざっくりそんな私の勝手な解釈。

東海林さんと薬師寺さんが夫婦。
薬師寺さんと平原さんが街中でトラブって
薬師寺がこれからどうですか?みたいな空気になって、なって……
ちょんちょんちょんと物語が進む感じ。
進んでいくと
その三角関係の精神世界のようになっていって
次に身体世界。
まぁ、なんだかんだ言って夫婦で落ち着きましためでたしめでたし
で終わりです。でした、土曜日までは。

でも、日曜日色々グサグサしてて
理解しよう、と
平原さんに寄り添おうとしても
全く追いつけなくなって。
一番、日曜日が平原さんらしい気がしました。
何を持ってそう思ったのかの説明すらも
出来ないくらいの不安定な軸ですけれど。


東海林さん、可愛いですよね、ほんとに
東海林さんの動き、画用紙っぽい。
コピー用紙でも折り紙でも
和紙でも高級そうな紙でもない画用紙。
ちぎって折って箱作って……。
画用紙。
画用紙の繊維、好きなんです。
その繊維と折っても
綺麗に折り目がつかない感じかなぁ。

薬師寺さん、魅力溢れすぎてて
あんなふうに女性として魅せられたら
素敵だろうなぁって。
土曜の夜からすでに髪をほどいてて
さらに女性らしさ↑↑で
さらに三角関係にしか見えなくなったのは
言うまでもない(笑)

平原さん、ヒラハラサァン。(笑)
本当に女性の扱いが素敵です。
綺麗、綺麗過ぎます。
平原さん作品の多くが三角関係とか
なんか、なんっか恋愛物変換が多くて
それは私の脳が恋愛依存症的なのか
平原さん作品がそんな感じの空気を醸し出してるのか。
きっと前者が大きい。妄想無限大だもん。(笑)
フラットな気持ちで見られたことがない気がする。
私の三角関係に見えましたの言葉に
エッ、あ~。みたいな驚きの言葉を
もらった気がするので
物語じゃなく動き、ひたすら動き、で
見たいなぁと思ったよ。

平原さんの足首の謎は永遠の謎。
何故折れないの、??


次の新潟は12月砂丘館だそうで。
詳細楽しみにしています。